暗記はただ闇雲にやればよいのではありません。
理解することが最優先
これはよく中学受験塾などでも言われることですが、実質の伴う記憶のためには本当に「理解する」ことが大前提です。

「テスト前の一夜漬け」
というのは多くの方が経験があると思います。

中学受験入試ではそれほど効果がありません。
入試前日で、受験勉強の大量の範囲はそのような覚え方ではとてもカバーできないからです。

よく多くの中学受験生が一夜漬けをするのは、塾の定期テスト前日にやる場合でしょう。
サピックスのマンスリーテストや組み分けテスト、日能研のカリテ(カリキュラムテスト)、YT-net(四谷大塚)の週例テストなど各中学受験塾で行われる試験直前になるとあわてて一時しのぎの暗記に走るのです。

しかしテスト前に慌てて勉強をすると、単なる丸暗記や機械的記憶になってしまいます。

これは一時的にはテストで良い点数が取れるかも知れませんが、
そのような記憶はすぐに忘却します。
しばらく期間をおいてから試される中学受験入試でも当然戦力にはなりません。

またこのような覚え方では、頭脳は良くなりません。
考える力が落ちて、マニュアル的人間になってしまうかもしれません。

覚える前にまず・・・

大事なことは、「理解」です。長年言われている当たり前のことですが、時間に余裕がないとわかってはいても怠ってしまうものです。
理解してから覚える・記憶するのです。「分かる」と言うことが、とても重要です。
これを習慣づけることが、最後には成功につながります。

弊社で開発した中学受験高速記憶システム『脳プレス』は強制的に記憶させるシステムですが、
記憶する前に必ず理解させる段階を踏んでいます。

これが単なる資料だけ与えて「暗記しろ!」という教材とは、まったく異なるものです。
こちらから体験ができます。お試しください。

中学受験高速記憶システム『脳プレス』商品販売ページはこちらです